今回私が遭遇した事象は、ダウンロードができないというものです。
外出時にiPhoneで回線使用量を気にせずに聞くために、私はプレイリストを作って、そこにダウンロードした曲を入れています。

しかし最近、Apple Musicに置いてある楽曲で、今までダウンロードできていたものが、(iOS11になってから?)ダウンロードできなくなりました。
ダウンロード実行時に進行状況が表示される円グラフではなく、円がぐるぐる回りっぱなしになってしまうのです。

同じ状況に直面されている方もいるかもしれませんので、共有させていただきます。あと、操作がちょっと面倒で忘れそうなので、私の備忘録も兼ねます。

なお、本現象は、アップルサポートとほぼ半日やりとりして判明した事象です。
iOS11の不具合の可能性があるとのことですので、アップル社内で確認と改善要望を出してもらうことになりました。

なので本ブログでの対応方法はあくまで一時的なものとなります。根本的な改善は、iOSのアップデートを待たないとなりません。なお、アップデートはいつになるかわかりません^^;

Apple Musicの動作

まずは、Apple Musicがどういう動きをしているのかを説明します。ちょっと難しいですが、このあたりを理解していると、その後の作業内容の理解が進みます。(と言いながら、難しくて私も十分に理解できていないところもあります^^;)

Apple Musicを使うと、CDを取り込んだりして、自分のMacのiTunesに入っている全ての曲がApple Music(iCloudミュージックライブラリ)にアップロードされて、Apple Musicに存在する曲は置き換えられます。Apple Musicに存在しない曲は、そのままクラウド上に保存されます。いづれにしても元々CDなどからiTunesに取り込んだ楽曲は、Macから削除されてしまいます。

なので、あなたのMacやiPhone/iPadのMusicライブラリには、Apple Musicの楽曲とあなたが以前から持っていてApple Musicにはない楽曲が混在することになります。

その楽曲がApple Musicにあるかないかを見分ける方法は、アルバムアートワークがあるかないかです。Apple Musicの曲ならアートワークがあります。
ただし、アートワークを自分でつけている場合は、見分けがつきません。
すみませんが、それ以外の見分け方は私はわかりません。ご存知の方はコメントください。

事象2件

円がぐるぐる回って、ダウンロードができないという事象は同じなのですが、その曲がApple Musicにない曲とある曲で重複しているかいないかで、原因と対応方法が違います。

少し混乱した書き方をしましたが、要は、Apple Musicに”ある”アルバムに入っている曲と同じ曲が、Apple Musicに”ない”アルバムに入っていた場合、どちらか一方がすでにダウンロードされていたら、もう一方はダウンロードできない状態になる場合があるみたいです。

一方、Apple Musicに”ない”曲なのに、ダウンロードできない場合があります。

なのであなたも、同じ現象に遭遇したら、まず同じ曲がすでにダウンロードされていないか、その曲がApple Musicにあるものかないものか確認してください。その上で、以下に進んで下さい。

Apple Musicにない楽曲の中で、ダウンロードできない曲がある

原因は、エンコード(コード変換)方式の問題みたいです。
しかし、同じタイミングでiTunesに取り込んだアルバムの中で、一部の曲だけがダウンロードできないのがなぜかはわかりません。

そのあたりと、どのエンコードがダメだとか細かいことは、アップルさんにお任せするとして、以下の対応をするとダウンロードができるようになりましたので、やってみてください。

なお、この作業はMacのiTunesを使っています。iPhoneやiPadでのやり方はわかりません。多分できないと思います。

1.曲のダウンロード

対象の曲をダウンロードします。iOSではダウンローできませんが、Macではダウンロードできました。
ダウンロードは、をクリックします。

2.ダウンロードできない曲を選択して変換

曲を選択してから、「ファイル」>「変換」>「AACバージョンを作成」を選択します。

しばらくすると、同じ曲がもう1行表示されます。

右クリックして「曲の情報」を選択して、「ファイル」タブを見ると以下のようになっています。

ちなみに変換前の情報は以下です。

3.古いファイルを削除

変換前の曲をライブラリから削除します。

右クリックして「ライブラリから削除」を選択します。

出てきたダイアログで、「曲を削除」をクリックします。
ちなみに、プレイリストからも削除されてしまいますので、最後にプレイリストを作り直す必要があります。

4.変換後のファイルをアップロードする。

変換後の曲の雲アイコンをクリックして、出てきたダイアログで「iCloudミュージックライブラリに追加」をクリックして、アップロードします。

※雲アイコンが表示されなければ、2の「曲の情報」を開いて閉じると表示されます。

5.アップロード完了

アップロードが完了すると、曲の表示が以下のようになります。

iPhone/iPadで、そのアルバムの中に表示されますので、タップしてダウンロードしてください。

重複した曲がすでにダウンロードされていて、ダウンロードできない

この原因は、同じ曲がすでにダウンロードされている場合です。

別のアルバムに同じ曲が入ることは結構あるので、同じアーティストの別のアルバムを探してみてください。以前はダウンロード出来たのですが、最近なぜかダウンロードできなくなってしまったようです。

ただし、その曲を含むアルバムが両方ともApple Musicにある場合は問題ありません。

この場合は、Apple Musicにない曲の方を、ライブラリから削除して、Apple Musicにある曲をダウンロードした後、Apple Musicにない曲を再度アップロードすると解決します。

1.ファイルのバックアップ

まず、ファイルのバックアップを取ります。これはアルバム単位に行った方がよいです。iTunesでライブラリから削除した時点で、元のフォルダからその曲のファイルが消えますので、バックアップは必須です。ファイルが消えるとその楽曲を失いますので、注意してください。

1−1.アルバムのダウンロード

そのアルバムがiTunes上でダウンロードされていなければ、ダウンロードします。

そのアルバム内のすべての曲を選択して、右クリックして「ダウンロード」を選択します。

次に、そのアルバムの中の適当な曲を選んで、右クリックして「曲の情報」を選択して、「ファイル」タブを見ます。そこに実ファイルの場所があります。

※なぜか関係のないアートワークが入っちゃってますが、無視してください^^;

1−2.バックアップ

ファインダーでその場所を開いて、アルバム名のフォルダ毎適当な保管場所にコピーします。

2.重複している曲をライブラリから削除します。

重複している曲を選択して、右クリックして「ライブラリから削除」を選択します。

3.バックアップしたところから、ファイルをiTunesにドラッグ&ドロップします。

4.ライブラリにアップロードします。

右クリックして、「iCloudミュージックライブラリに追加」を選択します。

5.アップロード完了

アップロードが完了すると、曲の表示が以下のようになります。

iPhone/iPadで、そのアルバムの中に表示されますので、タップしてダウンロードしてください。

最後に

Apple Musicが出た頃は、楽曲が削除されたというような問題がありましたが、今は削除されることはないとのことです。でも、今回のような問題が起きているので、まだ安定はしていないようですね。

私が思うに、音楽データはメタデータ、いわゆる文字情報がないので、そのために管理が大変になっているのだと思います。なぜ、CDにした時に文字情報を入れなかったのか不思議です。CDができたときは、音というアナログデータをデジタル化するだけで、デジタルデータそのものを流通させることは考えたなかったのでしょうか。

いずれにしても、そのために、曲のマッチングやアルバムタイトルの取得にさえも苦労していて、今回のような不具合も出てくるくらいなら、CDの規格を変えてしまえば良いと思うのは私だけでしょうか?


丹治 秀一
丹治 秀一

学生時代にパソコンオタクに目覚めたが、プログラマーでは生きていけないと思い、安定した電気系大手企業に就職。システム・エンジニア(SE)としてIT最前線を駆け巡ったが、36歳の時に、「SEのままではオレの能力が十分に発揮できない」と思い、外資系大手IT企業に転職。ITコンサルタントとしてIT最前線を駆け巡ったが、50歳の時に、「大企業に埋もれていてはオレがやりたいことができない」と思い起業。 現在は、人々にiPadやMac、さらにインターネットビジネスを行うために必要なツールを活用してもらうべく活動をしながら、アプリ開発もしている。最近はドローンにハマっている^^;

Leave a Reply

Your email address will not be published.